自分のコンプレックスを隠してくれる服やアイテム

45才、女性のエッセイ : ファッション雑誌やセレブの着る服を見ていつも思うのは

ファッション雑誌やセレブの着る服を見ていつも思うのは、これらの服が着られたらいいのに、ということばかりだ。
体型が細い太い問わず、素敵に服を着こなしている人が羨ましい。自分にもそんな才能があったら、もっとファッションを楽しめるのにと考えると、どんどんネガティブ思考に走ってしまう。
私は下半身がしっかりしているので、所謂女性らしいラインの出る服が似合わない。腰から下を隠すような服を選んだり、隠せるように何かを腰に巻いたりする。特に、ネルシャツを腰に巻いたり、お尻をカバーしてくれる丈のカーディガンは欠かせない。ゆったりとした服も、全体的に体型カバーをしてくれるので好きだ。
首が太く見えそうな時は、冬なら首に何かを巻くし、夏なら逆に首に目が行かないよう、他の手首や足首を出すようにして、バランスを取るように心がけている。大き目のネックレスも効果的だ。
自分のコンプレックスの所を隠すのは、あまり良くないと耳にしたことがある。
しかし、それが出来るのは、ごくごく僅かなおしゃれ上級者だけのような気がするので、私はいくら店員に勧められても煽てられても自分の芯を貫き、いかにして自分の体型がバランスよく見えるか、自分の嫌いなパーツが目立たないかを考えながら、服選びをするようにしている。
下半身全体をカバーしてくれるロングスカートも、お気に入りのひとつである。

Copyright (C)2018自分のコンプレックスを隠してくれる服やアイテム.All rights reserved.